RESTAURANT SIGNATURE DISH Go to Top
Go to Top
img_banner_top
img_banner_top

Taste of AUTUMN

『Marriott Gourmet Journey(マリオット・グルメ・ジャーニー)』では、
日本国内のマリオット・インターナショナルを代表するホテルから
厳選されたレストランに焦点を当て、
各レストランがお届けするシグネチャーディッシュや旬の味、
バラエティの豊かさを紹介いたします。

各レストラン定番のシグネチャーメニューから、
旬の食材を贅沢に使用した季節ごとに移り変わる味覚まで、
多彩なメニューの数々をどうぞお楽しみください。

詳細を見る

RESTAURANT

ウェスティン ルスツリゾート 風花日本料理北海道

ウェスティン ルスツリゾート

風花

厳選された地元の旬の食材を、素材の味を生かした和食でお楽しみいただけます。

ザ・リッツ・カールトン東京 アジュール フォーティーファイブフランス料理東京

ザ・リッツ・カールトン東京

アジュール フォーティーファイブ

産地直送の魚介、地味溢れる野菜やジビエなどの、こだわりの食材を使った料理を、45階の窓から広がる景色と共にお楽しみいただけます。

ザ・リッツ・カールトン東京 アジュール ひのきざか会席東京

ザ・リッツ・カールトン東京

ひのきざか

国産の食材の走り、旬、名残に合わせたメニューで、日本の四季を五感で感じられる和食をご堪能いただけます。

ウェスティンホテル東京 龍天門広東料理東京

ウェスティンホテル東京

龍天門

「龍の宮殿」をイメージした古代中国文化の王宮を思わせる高級感漂う特別な空間で、香港にいるかのように本格的な、記憶に残る繊細で最上級の広東料理をご提供いたします。

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル 舞浜Teppanyaki+鉄板焼千葉

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル

舞浜Teppanyaki+

大きな窓からのガーデンの眺めや、鉄板コーナーでシェフとの会話を楽しみながら、地元千葉県産の食材を使った料理をお楽しみいただけます。

ザ・リッツ・カールトン京都 水暉会席大阪

ザ・リッツ・カールトン京都

水暉

静寂に包まれる空間で、和食の「五味・五色・五法」が紡ぐ多彩な季節感溢れる料理をご賞味いただけます。

ザ・リッツ・カールトン大阪 香桃中国料理大阪

ザ・リッツ・カールトン大阪

香桃

伝統的な広東料理にモダンなエッセンスを加えた独創的な料理を評茶員が厳選した中国茶と共にご堪能いただけます。大きな窓から屋外庭園を眺める、桃源郷をイメージした華やかな空間で至福のひと時を。

ザ・リッツ・カールトン大阪 ラ・ベフランス料理大阪

ザ・リッツ・カールトン大阪

ラ・ベ

伝統的なフランス料理を英国貴族の邸宅を再現した優雅な空間でお楽しみください。食材のもつ美味しさを最大限に生かしたしたシェフのオリジナリティ溢れる料理の数々が食への探究心を刺激します。

セントレジスホテル大阪 ラ ベデュータイタリア料理大阪

セントレジスホテル大阪

ラ ベデュータ

イタリアの田園地方にある別荘を彷彿とさせる店内では、オープンキッチンにて革新的な北イタリア料理をご堪能いただけます。

シェラトングランドホテル広島 雅庭日本料理広島

シェラトングランドホテル広島

雅庭

宮島厳島神社の回廊デザインとモダンな木のインテリアが創り出す雅な空間で、地元広島の旬の食材を会席、江戸前鮨や鉄板焼などでご堪能いただけます。

シェラトングランドホテル広島 ブリッジ各国料理広島

シェラトングランドホテル広島

ブリッジ

気軽に、そして心のままにお食事を楽しみながら体感するすべてが、お客さまの豊かな時間をつくる“架け橋”となる「ブリッジ」ならではのおもてなしをご堪能ください。

ザ・リッツ・カールトン沖縄 ちゅらぬうじイタリア料理沖縄

ザ・リッツ・カールトン沖縄

ちゅらぬうじ

個性豊かな沖縄県産の食材を使用した本格的なイタリア料理「琉球イタリアン」を、洗練された空間で琉球文化に触れながらご堪能ください。

マリオット・グルメ・ジャーニー シェフのご紹介
マリオット・グルメ・ジャーニー シェフのご紹介

Meet the Chefs

マリオット・インターナショナルでは、『食』は日常のみならず、
旅行中にその土地の文化を体験する上で
欠かせないファクターであると捉えています。
当グループを代表するシェフ達は、その『食』への情熱と、
飽くなき探究心を常に持ち続け、
料理を通じて皆様に特別なひとときをご提供しております。

2019/01/28 | NEWS マリオット・インターナショナル「グルメジャーニー(Marriott Gourmet Journey)」特設サイトを開設いたしました。